園長あいさつ

園長 森俊明

このたびは当幼稚園のHPにアクセスいただき、ありがとうございます。麻生明星幼稚園は、「敬虔」、「奉仕」、「創造性」を教育目標として歩み続けています。この目標は、人が生きるために必要な「愛」を表現しています。「神は愛である。」(Ⅰヨハネ4:8)という聖書の言葉は、神さまが人を愛しておられることを伝え、この世の波風の中を生きる人々を励ましてきました。神の愛を知るわたしたちは、「互いに愛し合う」生活へと導かれます。そして「愛」に基づく生活は、創造性を育て、思いやりのある人格を形成します。幼い日の生活で身につけた「わたしは愛されている。」という記憶は、喜びの時も悲しみの時も生きる力となることでしょう。愛されることで健やかに育つ幼児期、教職員一同、教育目標を心に留めて、子どもたちと保護者の皆さまと共に、「愛」を育みたいと願っています。人の根幹を育む大切な時間、この幼稚園で過ごしてみませんか。

教育目標

敬虔 神の言葉に聞くこと祈ることで獲得する強さ

聖書にはまっすぐに生きるための秘訣がたくさん書かれています。例えば「敵を愛しなさい(マタイ5章44節)」等々、そうした方が良いということはわかっているけれども、素直に聞き従うことが難しい言葉とも出会います。そんな時に大切なのが神さまに向かって祈ることです。聖書の神さまへのお祈りは必要であれば必ず叶えられると聖書は教えています。神様の言葉を真剣に聞き、祈る「敬虔」の心から始まる豊かな生活を目指します。

奉仕 愛をもって自発的に他者のために働くこと

聖書で最も大事な教えの一つに「隣人を自分のように愛しなさい(マルコ12章31節)」というものがあります。「自分の幸せ」を追い求めることは大切なことですが、「おともだちの幸せ」のために働き、一緒に喜ぶことができれば、人生がより豊かになることでしょう。この隣人を幸せにする幸せに気付くか、気付かないかで人生が変わります。子どもたちの将来を豊かにする「奉仕」の心を育みましょう。

創造性 苦難を乗り越える力人生を豊かに生き抜く力

麻生明星幼稚園の園庭をご覧ください。固定遊具の少なさにお気づきのことでしょう。
遊具の少ない庭で、子どもたちの関心は樹木や砂、風、水など、そして何よりお友達とのかかわりに向かいます。「なにもない庭」ではなく、たくさんの可能性を秘めた庭にいることを存分に味わってほしいと願っています。 家庭をも同じ感性で受け止めら れる子どもになってほしいですね。
家庭の不足を数えるのではなく、家庭の豊かさを数えることのできる創造性を育みます。

教育方針

キリスト教保育

キリスト教保育

キリスト教の信仰に基づいて、愛と奉仕の精神を育みます。大人も子どもも神さまに愛されています。当園ではその信仰がすべての基礎です。 幼稚園生活の中心には礼拝があり、生活の折々に目を閉じて祈る時間を大切にします。
真理に耳をかたむけ、自分で判断し、行動する心を尊重します。

家庭と幼稚園の協力

家庭と幼稚園の協力

保育者は毎日、入念に準備された保育計画をもって幼稚園生活に臨みます。
けれども実際は、思いがけない出来事の連続です。その都度、建学の精神に立ち返って「いま、このことを通して子どもに何を伝えるべきか」を見極めていきます。
どんな場合でも、子どもの安全と成長を一番に考えるには、子どもに関係するすべての大人たちが、互いを信頼し協力することが必要です。家庭と幼稚園の連携を深めていきましょう。

地域交流

地域交流

保育計画に「地域交流」を積極的に取り入れます。麻生球場や町内会、麻生教会など地域の特性に注目します。
公園清掃などを通して、わたしたちの家庭や社会が、たくさんの人の奉仕によってささえられていることを感じ取ります。

保育への取り組み

チーム保育

チーム保育

麻生明星幼稚園では、1クラスに複数の教師を配置しています。これは多くの保育者の「愛のまなざし」によって子どもの成長を見守りたいとの願いからです。
幼児教育の先進国では子ども6人に対して1人の教師が配置され、豊かな援助を受けて育つことが望ましいとされています。教師同士が連携して子どもの成長のために取り組むことを目指しています。

特別支援教育

特別支援教育

麻生明星幼稚園では「すべての子どもに特別な支援が必要」との観点から保育を行っています。それぞれ大なり小なり課題がありますが、子どもたちは保護者や教師の愛のある援助を受けることで成長していきます。
特に課題が大きいとされるお子さんに関しては地域の療育施設と連携を行いながら、各クラスに1割程度の受け入れを行っています。もしお子さんの成長について心配があれば、見学の際に園長までご相談ください。よい備えをもって入園のための準備をしていきましょう。

麻生教会との連携

麻生教会との連携

麻生明星幼稚園は1962年、札幌市の要請によって麻生団地に住む子どもたちのために建てられました。歴史は古く、かつて日本キリスト教団札幌教会において運営されていた「明星幼稚園」から信徒・職員が派遣され、麻生教会と麻生明星幼稚園が設立されました。
麻生明星幼稚園の園長が牧師を務める麻生教会では日曜の午前9時から子どもたちの礼拝が行われ、幼稚科(0歳児~年長さんまで)ではその後、絵本の読み聞かせや楽しいゲームなどをして楽しみます。どうぞどなたでも起こしください。

英語であそぼう

英語であそぼう

毎月2回程度、英語であそぶ時間があります。
経験豊富な教育の専門家であるコーネリア・ロッグヘアー先生が楽しく英語あそびをしてくれます。

歯と口の健康

歯と口の健康

麻生明星幼稚園は、北海道歯科医師会より「歯の健康促進モデル校」に指定されています(2009年度~現在)。
園歯科医の岩寺先生のご指導のもと「家庭と連携して子どもの歯を守る(仕上げ磨きの奨励)」を目標とし、保護者の会向けの講演会、歯の新聞による情報提供、歯科健診やブラッシング指導等をうけています。

毎週火曜日は美味しい給食の日

  • 給食01
  • 給食02
  • 給食03

「カレーライス」 「ラーメン」 「スパゲティ」 「からあげ」 「シチュー」 「まぜごはん」など、子どもたちが大好きな美味しい給食をお腹いっぱい食べる日があります。給食センターの栄養士が考えた、バランス良いメニューです。

アレルギーをお持ちのお子様について

アレルギーをお持ちのお子様について

アレルギーのある園児に対しては、事前に保護者に確認し、給食に関しては職員によるアレルギー食品の除去を行います。また、手作りおやつや誕生会に関しては、なるべく除去した内容を用いるように配慮いたしますが、許容範囲を超えるものに関しては各家庭から代替え食を持参していただくこともあります。

月・水・金曜日はお母さんの美味しいお弁当の日

お母さんの美味しいお弁当

家庭から離れて幼稚園で過ごす子どもたちにとって、おうちの方が作ってくれたお弁当はとてもうれしいものです。子どもの好みに合わせたおかずや、食べきれるように工夫された量。どのお弁当も愛情がたっぷり詰まっていることが感じられます。お弁当と一緒に愛情も味わい、また元気いっぱい遊び始める子どもたちです。
「木曜日」は2周目のバスを待つ子どもや、預かり保育に参加する子どもたちでお弁当を食べます。
※選択制で木曜日も給食の注文が可能です。

天気の良い日は、みんな仲良く外でお弁当を食べることもあります♪

年間行事予定

毎月
  • 【誕生会】
4月
  • 【入園式】
  • 【遠足】
  • 【保護者総会】
  • 【イースター】
5月
  • 【母の日】
  • 【いもうえ】
  • 【歯科検診】
  • 【避難訓練】
  • 【個人面談】
6月
  • 【内科健診】
  • 【ブラッシング指導】
  • 【親子遠足】
  • 【父の日】
7月
  • 【お泊り会】
  • 【交通安全教室】
8月
  • 【プール】
  • 【収穫感謝礼拝】
9月
  • 【いもほり】
  • 【運動会】
10月
  • 【バザー】
  • 【フッ化物塗布】
  • 【祖父母の会】
  • 【参観日】
11月
  • 【交通安全教室】
  • 【父親参観日】
12月
  • 【クリスマスページェント】
  • 【同窓会】
1月
  • 【卒園写真撮影】
2月
  • 【豆まき】
  • 【盲導犬体験】
  • 【お別れ会】
3月
  • 【ひな祭り】
  • 【札響コンサート】
  • 【一日入園】
  • 【お別れ会】
  • 【卒園式】

青字は保護者の参加をお願いするものです。

年間行事予定表PDF

麻生明星幼稚園のあゆみ

日本基督教団札幌教会

建学の精神

1962年9月(昭和37年)わたしたちの幼稚園は誕生いたしました。
生みの親は日本基督教団札幌教会(中央区北1東1)です。
このことによっても分かりますようにわたしたちの幼稚園はキリスト教の信仰・精神に基づいてたてられています。神と人とに愛せられる人間の形成をその目標として進んでいます。

麻生明星幼稚園の様子

現在の園舎は1994年(平成6年)に新築されました。現在都市部では珍しくなった木造園舎です。
木造園舎では設計に制限があり保育室はすべて一階となっております。
また維持改修の費用を考えても割高感は否めませんが、前園長の強い要望で実現しました。
床面にご注目ください。どうぞ手で叩いてみてください。
「木目調」ではなく本物の「木」です。木の弾力性、暖か味は、こどもたちのあそぶ姿に反映しています。

園庭で遊ぶ様子

園地には麻生北公園が隣接しております。
本来ならば公園側に園庭を配置したいところですが、庭の樹木を残すために今の配置となりました。